WordPressのログインURLを変更して忘れたときの対処法

WordPressのロゴ
悩んでいる人

ログインURLを忘れてしまった…

WordPress(ワードプレス)の初期状態は、サイトURLの後に「/wp-login.php」や「/wp-admin/」と入力すれば誰でもログイン画面にアクセスできてしまいます。

そのため、セキュリティ対策としてログインURLを変更する方法が一般的です。

ログインURLを変更すると、サイトURLの後に「/wp-login.php」や「/wp-admin/」を入力してもエラーになります。

仮にログイン画面が出てきたとしても、ログインできなくなります。

変更したログインURLは自分にしかわからないので忘れてしまうと大変ですよね。

そこで、変更したログインURLを忘れてしまったときの対処法について解説します。

ジュンペイ

簡単ですよ

この記事を書いた人

この記事を書いている僕は、2021年8月ブログ開始。最初の記事がA8コンテスト入賞。3ヶ月目に収益:単月5桁。シンプルなブログ作りを発信。地味にコツコツ、が得意です。

この記事でわかること
  • WordPressのログインURLを忘れたときの対処法
目次

WordPressのログインURLを忘れたときは

結論

結論
  • サーバー上にあるログインファイル名を確認します
  • または、ログインURLの変更に使ったWordPressプラグインを一時的に無効化します

対処法

  1. サーバーにログインする
  2. 変更したログインファイルを見つける
  3. 初期化したいときはログインファイルを削除する
  4. ログインURLを変更したプラグインを無効化する

1つずつ見ていきますね。

①サーバーにログインする

サーバーにログインする方法はFTPソフトファイルマネージャーの2通りあります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

▼サーバー上のファイルにアクセスする方法

②変更したログインファイルを見つける

ログインURL変更画面

今回はWordPressプラグイン「XO Security」を使って、ログインファイル名を「abcde.php」に変更したとします(上の画像)

WordPressをイントールしたフォルダ(ディレクトリ)の中に変更したログインファイルがあります。

FTPソフト(FileZilla)を使う方法

FileZillaの画面

上の画像はFTPソフト(FileZilla)でサーバーにログインしたときの画面です。

「abcde.php」があります。

ファイルマネージャーを使う方法

さくらインターネットのファイルマネージャー

ご利用中のレンタルサーバーにあるファイルマネージャーからも、アクセスできます。

上の画像はさくらインターネットのファイルマネージャーでサーバーにログインしたときの画面です。

「abcde.php」があります。

FTPソフトやファイルマネージャーでサーバーファイルの一覧を見てログインファイル名を思い出せれば、そのログインURLでログイン画面にアクセスできます。

ジュンペイ

思い出せたら解決!

③初期化したいときはログインファイルを削除する

または、変更したログインファイル名を使わず、初期化したいときは右クリックメニューで削除します(上の画像)

まったく思い出せず、どのファイルを削除していいかわからないときは、そのままにします。

サーバー上にはWordPressの元来のログインファイル「wp-login.php」もあります。
wp-login.php は削除せず、残しておきます。

④ログインURLを変更したプラグインを無効化する

初期化にあたっては、ログインURLを変更したときに使ったWordPressプラグインを見つけます。

WordPressをインストールしたサーバーフォルダの「wp-content」⇒「plugins」の中にあります。

FileZillaの画面

本記事では「XO Security」を使いましたので、「xo-security」のフォルダ名を「xo-security2」に変更します。

フォルダ名を変更することによってプラグインを無効化します。

これで対処法は完了です。

再ログイン方法

コーヒーのイラスト

サイトURLの後に「/wp-login.php」や「/wp-admin/」を入力しますと、元来のログイン画面が出てきます。

正しいID・パスワードを入力すればWordPressに再ログインできます。

FTPソフト等で変更したプラグイン名は、再ログイン後、元に戻しておきましょう。

本記事で紹介したリンク

よかったらシェアしてね!
目次