ConoHa WINGでWordPressブログ。お得な申し込みキャンペーンと始め方を解説

Webサイト制作応援キャンペーン
URLをコピーする
URLをコピーしました!
悩んでいる人

WordPressブログを始めたくてConoHa WINGに興味あるんだけど、今やっているキャンペーンや始め方を詳しく説明して欲しい…

Yahoo!やGoogleの検索結果上位に表示されるサイトでも、情報が古いってことよくありますよね。

サイトの更新日が最近の日付になっていても、中身は古いままということも少なくありません…

そこで、情報の鮮度を保つブログを始めました。一度書いた記事は定期的にリライトして、最新の情報をアップデートしていきます。

※ 2022年5月11日に更新しました。

この記事を書いた人

Twitter(@saishonojptw

この記事を書いている僕は、2021年8月ブログ開始。最初の記事がA8コンテスト入賞。ブログ3ヶ月目に収益:単月5桁。シンプルなブログ作りを発信。地味にコツコツ、が得意です。

この記事でわかること
  • ConoHa WING(コノハウィング)の今やっているキャンペーン情報
  • ConoHa WINGの始め方
  • 独自ドメイン設定で気をつけたいこと
  • 無料独自SSL設定のつまづきやすい点と解決方法

本記事ではレンタルサーバー「ConoHa WING」を使ってWordPressブログを始める方法について

  1. 実際の申し込み画面を見ながら
  2. 流れに沿って入力項目の注意点など解説していきます
  3. パソコンが苦手な方でも安心して申し込みできます

今やっている申し込みキャンペーン情報も掲載していますので、お得に始めたい方は申し込み期限を確認しておきましょう。

ジュンペイ

おかげさまで本記事はA8.netのレビューコンテスト(2021年8月)で入賞をいただきました

目次

ConoHa WINGとは(簡単に)

WINGパックのメリット
ジュンペイ

ConoHa WINGのメリット・デメリットはすでに他のサイトでご覧になられていると思いますので、各特徴の詳細は省略させていただきます

1つだけ、僕はさくらインターネットのレンタルサーバーを10年ほど使っていますが、サーバーに置いたサイトの表示スピードがときどき(週一くらいで)遅くなるのがやや不満でした。

たまには他のレンタルサーバーにしてみようと試しにConoHa WING(コノハウィング)を申し込みました。このWordPressブログはConoHa WINGに置いていますが、表示がいつも早くて快適です! 

運営会社もインターネット業界の大手ですし、「国内最速」というだけあって設備環境が安定しているんだなーと思います。

初心者がWordPressブログを始めやすいように、各種設定もメニュー化されています。

ジュンペイ

ConoHa WINGをおすすめする理由は下記の記事にまとめました

WordPress高速化オプション「WEXAL」

2022年4月21日より、ConoHa WINGはWordPress高速化オプション「WEXAL」の提供を開始しました。

無料で使えるオプションです。さらに高速化するわけですね。

>>WordPress高速化オプション「WEXAL」について

今やっているお得な申し込みキャンペーン

Webサイト制作応援キャンペーン
Webサイト制作応援キャンペーン

ConoHa WINGが【料金最大50%OFF】月額660円〜ご利用できるキャンペーンを開催しています。

キャンペーン内容

キャンペーン期間中、12ヶ月契約以上のWINGパック「ベーシックプラン」を新規で申し込むと、ConoHa WING通常料金から最大50%OFF、【月額660円〜】になります。

※ ベーシックプラン以外のプランも、割引対象になります。
割引率は異なります

対象プラン

  • 12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月契約のWINGパック「ベーシックプラン」
  • 「ベーシックプラン」以外のWINGパックプラン

WINGパックベーシックプランのキャンペーン価格

スクロールできます
契約期間通常の料金/月キャンペーン料金/月
12ヶ月1,320円911円 ★30%OFF
24ヶ月1,320円861円 ★34%OFF
36ヶ月1,320円660円 ★50%OFF
キャンペーン料金と割引率
悩んでいる人

50%OFFは36ヶ月契約なのか…。でも、12ヶ月契約で30%OFFなのね!

ジュンペイ

36ヶ月契約のほうが割引率は高いですが、試しに使ってみたい方は12ヶ月契約がおすすめですよ

キャンペーン期間

2022年4月11日(月)18:00〜2022年5月16日(月)18:00

WINGパックの申し込みに使えるその他のキャンペーン

WINGパックの申し込みに使えるその他のキャンペーンにつきましては、学割や不定期開催の割引があります。

ConoHa WINGの始め方

下記のボタンから申し込みページに移動できます!

申し込みの流れ 手順7つ
  1. 「初めてご利用の方」欄に、メールアドレス、パスワードを入力してConoHaアカウントを作成する。
  2. 料金タイプで「WINGパック」を選び、契約期間とプランを選択する。
    初期ドメインを入力する。
  3. 「WordPressかんたんセットアップ」欄で、独自ドメイン、作成サイト名、WordPressユーザー名、WordPressパスワードを入力する。
    WordPressテーマを選ぶ(無料テーマ選択可。あとで変更できます)
  4. お客様情報を入力する。
  5. SMSまたは電話認証を行う。
  6. お支払い方法を入力する。
  7. 申し込み完了!

1つずつ見ていきますね。

①「初めてご利用の方」欄に、メールアドレス、パスワードを入力する

ConoHa WING申込み画面 最初のページ

ConoHa WING公式サイトの「今すぐお申し込み」ボタンを押すと、最初に出てくる画面です。

「初めてご利用の方」欄に、メールアドレス、パスワードを入力します。

すると、ConoHaアカウントが作成されます。

アカウントだけ作っておくこともできますので、申し込み手続きを途中で中断しても、いつでも再開可能です。

申し込みを完了するまで料金は発生しません(無料です)

②料金タイプ、契約期間、プラン、初期ドメイン

ConoHa WING申込み画面

料金タイプ

「WINGパック」が最初から選択されていると思いますので、そのままにしておきます。

契約期間

契約期間を選びます。キャンペーンの対象は12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月契約になります。

プラン

キャンペーンの上記割引の対象は「ベーシックプラン」になります。

ブログを始めるなら、ベーシックプランで十分な機能が備わっていますよ。

初期ドメイン

初期ドメインはブログURLではありません。好きなローマ字・数字を入力して大丈夫です。

(ブログを始めた後も、初期ドメインを使うことはほぼありません)

サーバー名

何もしなくてOKです。最初に入力されているままでかまいません。

③WordPressかんたんセットアップ

上記の画面を下にスクロールすると、「WordPressかんたんセットアップ」欄が出てきます。

ConoHa WING申込み画面 WordPressかんたんセットアップ

WordPressかんたんセットアップ

「利用する」を選択します。

独自ドメイン設定

お好きなローマ字と数字の組み合わせでドメイン名を入力して、「検索」ボタンを押します。

そのドメイン名が使えるかどうかをConoHa WINGが調べます。すでに使われている場合は別のドメイン名で再度検索します。

気をつけたいこと

ここで決定した独自ドメインはあとから変更できません。スペルミスなどないようにしてください。

作成サイト名

ブログのタイトルを入力します。あとから変更できますので仮タイトルでもかまいません。

WordPressユーザー名、パスワード

WordPressへログインするためのユーザー名とパスワードを入力します。

お好きなローマ字と数字の組み合わせで大丈夫です。

あとでログインするとき必要になるため、忘れないようにメモしておきましょう。

WordPressテーマ

ここでは余計な費用がかからないようにcocoon(無料テーマ)を選んでおきましょう。

WordPressテーマはあとから変更・追加ができます。

悩んでいる人

独自ドメインのところは気をつけないと…

ジュンペイ

「検索」でOKがでても、スペルミスしたドメインは使いたくないですよね…。「次へ」ボタンを押す前に今一度見直すといいですよ

④お客様情報を入力する

ここまで来れば一段落です。

この先は一般的な申し込みページと同じですので、ガイダンスに沿って進めると思います。

ちなみに、お客様情報の入力ページはこんな感じです▼ (見慣れた入力項目ですね)

ConoHa WING申込み画面 お客様情報の入力

⑤SMSまたは電話認証を行う

SMS/電話認証の画面

お客様情報を入力後、本人確認のためSMSまたは電話認証を行います。

電話番号を入力して、「SMS認証」または「電話認証」ボタンをクリックします。

認証コードの入力画面

選択した方法に沿って認証コードが送られてきますので、認証コードを入力します。

⑥お支払い方法を入力する

お支払い方法(クレジットカード)の画面

お支払い方法の画面が出てきます。

お支払い方法には「クレジットカード/ConoHaチャージ」「その他」があります。

学割等を使って事前に購入したConoHaカードで支払う場合は、お支払い方法の画面で「その他」を選び、ConoHaカードのクーポンコードを入力します。

ジュンペイ

ConoHaカードとConoHaチャージは別物です!

クレジットカード決済をする場合

クレジットカード決済をする方は、上の画像のフォームに入力します。

ConoHaチャージをする場合

お支払い方法(ConoHaチャージ)の画面

お支払い方法でConoHaチャージを選択する場合は、「クレジットカード」「PayPal」「Amazon Pay」「コンビニエンスストア」「銀行決済(ペイジー)」「Alipay」のチャージ方法あります。

ConoHaチャージとは

事前にConoHaチャージで入金することによって、そのプリペイド料金からConoHa各種サービスの利用料が支払われる仕組みです。

ご希望のチャージ方法をクリックして、各項目に入力します。
(上の画像は「クレジットカード」をチャージ方法に選択した場合)

ジュンペイ

簡単なのはクレジットカード決済ですが、ConoHaチャージにはいろいろな支払い方法があります

⑦申し込み完了!

ガイダンスに沿ってお客様情報の入力、SMSまたは電話認証、お支払い方法を入力しますと、完了画面が出てきます。これで「ConoHa WINGパック」と「WordPressかんたんインストール」の申し込み手続きは終わりです!

完了画面はこんな感じです▼ 僕がConoHa WINGに申し込んだときの画面です。

ConoHa WING申込み完了画面

完了画面のデータベース情報は通常使うことはありませんが、一応メモしておきましょう。スクリーンショット、携帯の写真でもOKです。

WordPressにログインするときは、完了画面の「DBユーザー名」「DBパスワード」ではなく、WordPressかんたんセットアップで入力した「WordPressユーザー名」「WordPressパスワード」を使います。

ジュンペイ

キャンペーンの締切は2022年5月16日(月)18:00です。お早めに!

ConoHa WINGコントロールパネルへのログイン方法

https://www.conoha.jp/login/

上記のURLへアクセスしますと、ConoHa WINGのログイン画面が表示されます。

ConoHa WINGのログイン画面

「メールアドレス」「パスワード」を入力します。

画面左下の「ログイン」ボタンを押せば、ConoHa WINGのコントロールパネルが出てきます。

無料独自SSL化の設定方法

ConoHa WINGの申し込み完了後は、コントロールパネルにログインして無料独自SSL化の設定をします。

当時、他のブログ情報を参考にしたのですが、無料独自SSL化の設定方法で少しつまづいたので、補足させていただきます。

SSL化とは

SSL化することにより、サイトのセキュリティを高めてくれます。SSL化したサイトはドメインの最初の部分が「http」ではなく「https」になります。

①ConoHa WINGのコントロールパネル(管理画面)を開く

ConoHa WINGコントロールパネルの上部にある[WING]⇒左側にある[サイト管理]⇒[サイト設定]をクリックします。

サイトURL(下の画像では https://saishono.blog/ )をクリックすると「SSL有効化」というボタンが出てきますので、クリックします。

ConoHa WING管理画面 サイト設定

他のブログの説明では、この「SSL有効化」をワンクリックすればSSL化設定は完了、ということでしたがなぜか完了せず、失敗してしまいました…

ヘルプを見たら、他のページでの設定が必要とわかりました(上記の画面の黒い部分がヘルプです)

②無料独自SSLの利用設定を「ON」にする

ヘルプの指示どおりに[サイト管理]⇒[サイトセキュリティ]⇒[無料独自SSL]をクリックします。

ConoHa WING管理画面 サイトセキュリティ

ここで「無料独自SSL」の利用設定を「ON」にします。これをしてからでないと、さきほどのページで「SSL有効化」ボタンをクリックしてもエラーになってしまうため注意です。

この利用設定を「ON」にしたのち、SSLは無事に有効化されました。

悩んでいる人

ワンクリックだけでなく、ひと手間必要だったってことね

ジュンペイ

設定方法って急に変わるんですよね。今回は小さな違いでしたが、なるべく情報の鮮度を保っていきたいです

アルファSSL(AlphaSSL)が無料で使える

2022年3月29日より、ConoHa WINGでは有料のアルファSSL(AlphaSSL)が無料で使えるようになりました。

従来の無料独自SSL(Let’s Encrypt)とアルファSSLの効果面の違いについてGoogle検索で調べましたところ、ちょうどいい回答が見当たらなかったので、ConoHa WINGの運営会社へ問い合わせました。

Conoha WING運営会社の回答は次のとおりです。

アルファSSLにつきましては、SSL国内シェアNo.1のGMOグローバルサイン社が提供するSSLサーバー証明書でございますため、信頼度が高く、無料独自ドメインに比べ、より複雑な暗号化をされた証明書となるのでセキュリティが高いものとなります。

ConoHa WING運営会社

アルファSSLの方が強固なセキュリティになるようです。

無料独自SSL(Let’s Encrypt)でも最低限のセキュリティレベルは保たれますが、レベルの高いSSLにしておけばGoogleに評価されるかもしれませんね。無料で使えるのがお得です。

>>アルファSSLについて

つづいて、僕が実際に行ったConoHa WINGの設定をいくつかご紹介します。

PHPのバージョンを確認する

WordPressのコアファイルはPHPで書かれているため、PHPのバージョンが古いとWordPress自体の動作に影響します。
とくに理由がなければ、バージョンを最新に保っておきます。

PHPのバージョン確認・変更はConoHa WINGコントロールパネルで行います。

設定方法は、下記記事の目次「PHPをバージョンアップする」からご覧ください。

SSHアカウントを作成する

ConoHa WINGサーバーと自分のパソコンの間で、ファイルをダウンロード/アップロードする方法は大きく2通りあります。

1つは「ConoHa WINGのファイルマネージャー」を使う方法で、コントロールパネルからアクセスします。

もう1つは「FTPソフト」を使う方法です。

FTPソフトを使う予定の方はサーバーでSSHアカウントを作りますと、より安全に通信できます。

設定方法

ConoHa WINGコントロールパネルの上部にある[WING]⇒左側にある[サーバー管理]⇒[SSH]メニューから作成します。

▼FTPソフト(FileZilla)の設定方法

送信専用のメールアカウントを作成する

ブログのお問い合わせフォームなどで送信専用のメールアドレスを使う予定の方は、サーバーでメールアカウントを作り、自動返信設定をします。

設定方法

ConoHa WINGコントロールパネルの上部にある[WING]⇒左側にある[メール管理]⇒[メール設定]メニューから作成します。

▼お問い合わせフォームの作り方

ConoHa WINGの設定後にすることは?【ブログの始め方】

無料独自SSL化の設定等が済みましたら、ブログを始めるための準備に入ります。

WordPressの初期設定やテーマ選び、セキュリティ対策、Googleアナリティクス・サーチコンソールの導入、SEO対策などがあります。下記の記事にまとめました。

おわりに

以上で、ConoHa WINGのお得な申し込みキャンペーンと始め方の解説となりました。

僕がブログを始めるにあたって、レンタルサーバーはどれにしようと情報を集め、ConoHa WINGに興味をもったとき、今やっているキャンペーンや申し込み方法を詳しくまとめたサイトがほしいな、と感じたのが本記事を作ったきっかけです。

ブログを始めたくてConoHa WINGに興味をもった方が、少しでもリーズナブルに、スムーズにブログを始められる、その参考になりましたら嬉しいです。

ブログライフを楽しみましょう!

本記事で紹介したリンク

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる