【2022年版】Google AnalyticsトラッキングID・測定IDの取得方法

Google Analytics ロゴ

2022年1月時点の画面を用いて、Googleアナリティクス(Google Analytics)のトラッキングID・測定IDを取得する方法について解説します。

この記事を書いた人

この記事を書いている僕は、2021年8月ブログ開始。最初の記事がA8コンテスト入賞。3ヶ月目に収益:単月5桁。シンプルなブログ作りを発信。地味にコツコツ、が得意です。

この記事でわかること
  • トラッキングIDと測定IDの違い
  • トラッキングID・測定IDを取得する方法(アカウントとプロパティの作成方法)
  • トラッキングID・測定IDを確認する方法
目次

トラッキングIDと測定IDの違い

トラッキングIDとは

Googleアナリティクス(Google Analytics)のトラッキングIDとは、Googleアナリティクスでサイト分析を始めるときに発行されるIDのことです。

2020年10月14日にGoogleアナリティクスはアップグレートされて、現在のGoogleアナリティクス4(GA4)になりました。

そのGoogleアナリティクス4より前のバージョンのアナリティクスは「ユニバーサルアナリティクス」と呼ばれています。

トラッキングIDは主にユニバーサルアナリティクスで使われていました。

測定ID

Googleアナリティクス(Google Analytics)の測定IDとは、Googleアナリティクス4(GA4)で新たに登場したIDのことです。

Googleアナリティクス4(GA4)がリリースされた後も、現在はユニバーサルアナリティクスとGoogleアナリティクス4(GA4)のプロパティが共存して使われています。

【2022年3月17日追記】ユニバーサルアナリティクスの終了について

2023年7月1日をもって、ユニバーサルアナリティクスはデータ処理が停止されます。

Google アナリティクス 4 は、ユニバーサル アナリティクスに代わる次世代の測定ソリューションです。2023 年 7 月 1 日をもって、標準のユニバーサル アナリティクス プロパティにおける新しいヒットの処理は停止されます。現在ユニバーサル アナリティクスをご利用のお客様には、Google アナリティクス 4 を使用するための準備をしていただくことをおすすめします。

Googleアナリティクス公式サイト

今からGoogleアナリティクスを使い始める方は、Googleアナリティクス4(GA4)のプロパティが作成されますのでとくに問題ありません。

トラッキングID・測定IDを取得する方法

GoogleアナリティクスのトラッキングID・測定IDを取得するときは、最初にアカウントとプロパティを作成します。

  • トラッキングIDの場合は、ユニバーサルアナリティクスプロパティ
  • 測定IDの場合は、Googleアナリティクス4プロパティ

が必要です。

Googleアナリティクスのセットアップに沿って進めれば、両方のプロパティを作成できます。

すでにGoogleアナリティクスのプロパティを作成済みの方は、「トラッキングIDを確認する方法」または「測定IDを確認する方法」をクリックしてお進みください。

アカウントとプロパティの作成方法

Googleアナリティクス登録画面

Google Analytics

上記の「Google Analytics」にアクセスします。

①「測定を開始」ボタンをクリックします。

「アカウントの設定」画面

「アカウントの設定」画面が出てきます。

②アカウント名を入力します。

ジュンペイ

アカウント名は自分がわかりやすい名前でOKです

「アカウントの設定」画面

画面を下にスクロールします。

チェックはそのままでかまいません。

③「次へ」ボタンをクリックします。

「プロパティの設定」画面

「プロパティの設定」画面が出てきます。

④プロパティ名を入力します。

※プロパティ名は自分がわかりやすい名前でOKです。

⑤レポートのタイムゾーンで「日本」を選択します。

⑥通貨で「日本円」を選択します。

⑦「詳細オプションを表示」をクリックします。

「詳細オプションを表示」画面

「詳細オプションを表示」画面が開きます。

⑧ウェブサイトのURLを入力します。

⑨「Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスのプロパティを両方作成する」にチェックが入っているか確認します。
(チェックが入っていなかったらチェックします)

⑩「次へ」ボタンをクリックします。

「ビジネス情報」画面

「ビジネス情報」画面が出てきます。

⑪サイトの目的に合わせて、任意で選択・チェックします。

⑫「作成」ボタンをクリックします。

Googleアナリティクス利用規約

「Googleアナリティクス利用規約」画面が出てきます。

⑬「GDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します」にチェックします。

⑭「同意する」をクリックします。

「ウェブストリームの詳細」画面

「ウェブストリームの詳細」画面が出てきます。

⑮右上の測定IDをコピーします。

⑯左上の「×」ボタンをクリックして、画面を閉じます。

測定IDは「G-」から始まる番号になります。

コピーした測定IDは後ほど使います。

「自分のメール配信」画面

「自分のメール配信」画面が出てきます。

⑰とくに問題なければ、すべてにチェックします。

⑱右下の「保存」ボタンをクリックします。

Googleアナリティクス管理画面

Googleアナリティクスの管理画面が出てきます。

これで、アカウントとプロパティが作成されました。

Googleアナリティクス管理画面

ユニバーサルアナリティクスプロパティとGoogleアナリティクス4プロパティの両方が作成されています。

さきほどコピーした測定IDを、WordPressテーマやSEOプラグイン等の入力箇所にペースト(貼り付け)すれば完了です。

ジュンペイ

おつかれさまでした!

トラッキングIDや測定IDがわからなくなってしまった方は、下記の方法で確認できますよ。

トラッキングIDを確認する方法

Googleアナリティクス設定画面

Googleアナリティクス(Google Analytics)にログインします。

①左側の「設定」メニューをクリックします。

②「プロパティ」で、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを選択します。

③「トラッキング情報」をクリックします。

ユニバーサルアナリティクスのプロパティには、プロパティ名の後に(UA-●●●●●●)と表記されているときがあります。
その場合は、(UA-●●●●●●)がトラッキングIDになります。

トラッキング情報のサブメニュー

トラッキング情報のサブメニューが出てきますので、「トラッキングコード」をクリックします。

トラッキングコードの画面

トラッキングコードの画面が開きます。

この画面を見ますと、トラッキングID(UA-●●●●●●)がわかります。

測定IDを確認する方法

Googleアナリティクス設定画面

Googleアナリティクス(Google Analytics)にログインします。

①左側の「設定」メニューをクリックします。

②「プロパティ」で、Googleアナリティクス4のプロパティを選択します。

③「データストリーム」をクリックします。

Googleアナリティクス4のプロパティには、プロパティ名の後に(○○○○○○)と数字表示されているときがあります。
しかし、○○○○○○)は測定IDではありません。

データストリームの画面

データストリームの画面が出てきますので、測定IDを登録するサイト名をクリックします。

ウェブストリームの詳細画面

ウェブストリームの詳細画面が開きます。

この画面を見ますと、測定ID(G-◆◆◆◆◆◆)がわかります。

◆◆◆◆◆◆の部分をコピーして、測定IDの入力が必要な場所にペースト(貼り付け)しましょう。

測定IDがある場合は、測定IDのみの入力で大丈夫です。
測定IDがない場合または測定ID未対応の場合は、トラッキングIDを入力します。

WordPressプラグイン「Site Kit by Google」を使うと便利

Site Kit by Google
Site Kit by Google

トラッキングID・測定IDの確認は、これで完了です。

あらかじめ、Googleアナリティクスにログインするためのアカウントや、ユニバーサルアナリティクス・Googleアナリティクス4(GA4)のプロパティを作成する必要がありました。

WordPressユーザーだけの解決策になりますが、プラグイン「Site Kit by Google」を使えば、アカウントやプロパティ作成などを自動でやってくれますので、大変便利です。

ジュンペイ

トラッキングIDや測定IDの入力も不要です

Googleの検索結果に表示されやすい記事の書き方

Googleの検索結果に表示されやすい記事の書き方のコツがあります。

キーワード選定には、国内最大シェアのラッコキーワードを使うと便利です。

本記事で紹介したリンク

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
目次
閉じる