【プライバシーポリシー作り方】著作権、免責事項等の書き方を解説

プライバシーポリシーの作り方
悩んでいる人

プライバシーポリシーを作りたい…

「プライバシーポリシー 書き方」で検索すると、プライパシーポリシーに掲載すべき内容やテンプレート(ひな型)など、さまざまな情報が出てきます。

でも、少しばかり情報が多すぎて、自分が求めているプライバシーポリシーに何をどこまで記せばいいのか迷ってしまいますよね。

悩んでいる人

情報が多いのはいいんだけど…

そこで、本記事では、ブログ運営にとって最低限必要なプライバシーポリシーの作り方を解説します。

ジュンペイ

簡単にできますよ

この記事を書いた人

この記事を書いている僕は、2021年8月ブログ開始。最初の記事がA8コンテスト入賞。3ヶ月目に収益:単月5桁。シンプルなブログ作りを発信。地味にコツコツ、が得意です。

この記事でわかること
  • ブログ運営用のプライバシーポリシーを簡単に作る方法
目次

当ブログのプライバシーポリシーについて

「プライバシーポリシーを作らなきゃ!」

そう思ったのは、僕の場合はGoogleアドセンス(Google AdSense)の申請を意識したときでした。

Googleが提供する広告をブログに掲載するには、Googleアドセンスの審査を受けることになります。審査ではプライバシーポリシーの品質もチェックされるからです。

本当ならGoogleアドセンスの審査に関係なく、作らないといけないものなのですが…

その後、Googleアドセンスには無事合格しました。当ブログのプライバシーポリシーはGoogleアドセンスの申請を考えている方にもおすすめです。

▼Googleアドセンスの審査に関する記事

プライバシーポリシーを作る理由

ユーザーがブログを閲覧したとき、ブログ運営側で利用しているシステム(広告配信、アクセス解析ツール等)が、ユーザーの個人情報やプライバシー情報を取得することがあります。

その個人情報等の取り扱いについて、ブログ運営者が定めた方針を明文化する必要があり、それをプライバシーポリシーに記します。

ユーザーって?

本記事では、ブログの訪問者・閲覧者のことを指します。

ユーザーの個人情報等を取得する方法

多くのWebシステムでは、Cookie(クッキー)と呼ばれる技術を用います。

プライバシーポリシーに最低限必要な項目

ブログ運営用のプライバシーポリシーに最低限必要な項目は、次の6つになります。

  • 個人情報の利用目的及び第三者への開示
  • 広告について
  • アクセス解析ツールについて
  • 著作権
  • 免責事項
  • サイト情報・制定日

1つずつ見ていきますね。

個人情報の利用目的及び第三者への開示

個人情報の利用目的及び第三者への開示(例)

ブログが取得したユーザーの個人情報(氏名、ハンドル名、メールアドレス等)の利用目的や開示について定めたものです。

個人データの開示、訂正、削除等のルールについても明記します。

広告について

広告について(例)

Googleアドセンス等を利用して、ブログに広告を掲載する際に必要です。

広告を掲載しないのであれば不要です。

アクセス解析ツールについて

アクセス解析ツールについて(例)

Googleアナリティクス(Google Analytics)等を利用して、ユーザーのアクセス分析をする際に必要です。

アクセス解析ツールを導入しないのであれば不要です。

著作権

著作権・免責事項(例)

著作権とは、ブログの文章や画像等を作成した者が有する権利のことです。

他人が著作権を有している文章や画像等を、無断で利用すると、著作権侵害という違法行為になるおそれがあります。

プライバシーポリシーには、著作権について明記しておきます。

免責事項

ブログを運営するにあたり、ブログ運営者の責任範囲を定めたものです。

たとえば、ブログで紹介した商品でユーザーが損害を被ったときなど、ブログ運営者に責任が及ばないような記載が一般的にされています。

プライバシーポリシーには、免責事項についても明記します。

サイト情報・制定日

ブログ名、URL(例)
運営者名、制定日(例)

ブログ名やURL、運営者名、プライバシーポリシーを制定した日等を記載します。

その他

Amazonアソシエイトに参加している方などは、必要に応じてAmazonアソシエイト用の項目を追加します。

当ブログは、Amazonアソシエイトには参加していませんが、Googleアドセンス(広告)とGoogleアナリティクス(アクセス解析)は利用していますので、以上の6つになります。

プライバシーポリシーの書き方

プライバシーポリシーの各項目の書き方は、次のとおりです。

とくに変更する箇所もなく、そのまま使えます。

ジュンペイ

コピペでOK!

「個人情報の利用目的及び第三者への開示」の書き方

当サイトでは、メール、フォームでのお問い合わせやコメント欄への投稿時に、名前(ハンドルネーム)や、メールアドレスなどの個人情報をご登録頂く場合がございます。
これらの個人情報は、不正防止や質問に対する回答および必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用するものであり、これ以外の目的では利用致しません。
また、当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・ご本人からの了承がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

ご本人からの個人データの開示、訂正、削除をご希望の場合には、ご本人であることを確認したうえで、速やかに対応致します。

当ブログのプライバシーポリシー

「広告について」の書き方

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense(グーグルアドセンス)」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定および Google アドセンスに関する詳細は「Google ポリシーと規約(広告)」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザに Cookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

当ブログのプライバシーポリシー

「アクセス解析ツールについて」の書き方

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

当ブログのプライバシーポリシー

「著作権」の書き方

当サイトに掲載している画像の著作権・肖像権等は当サイト運営者または各権利所有者に帰属致します。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接、下記のお問い合わせページよりご連絡下さい 。確認後、対応させて頂きます。

当ブログのプライバシーポリシー

「免責事項」の書き方

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当ブログのプライバシーポリシー

プライバシーポリシーの作り方

当ブログのプライバシーポリシーをまるごとコピペ(コピー&ペースト)していただき、次の部分を各自のサイト情報に変更してください。

プライバシーポリシーの冒頭部分
プライバシーポリシーの最後の部分
  • プライバシーポリシーの冒頭部分の「サイト名」「URL」を変更する。
  • プライバシーポリシーの最後の部分の「お問い合わせページ」のリンク、「運営者名」「制定日」を変更する。

これで、プライバシーポリシーの作成は完了です。

ジュンペイ

おつかれさまでした!

reCAPTCHAを導入したときの追記について

当ブログのプライバシーポリシーには記載していませんが、お問い合わせフォーム等にスパム対策ツール「reCAPTCHA」を導入したときの追記例を挙げておきます。

<プライバシーポリシーの記述例>

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。reCAPTCHA API は、ハードウェアやソフトウェアの情報(デバイスやアプリのデータなど)を収集し、そのデータを分析のために Google に送信することにより動作することをご理解のうえご了承ください。このサービスの使用に関連して収集された情報は、reCAPTCHA の改善と一般的なセキュリティ上の目的で使用されます。

▼reCAPTCHAについてプライバシーポリシーの追記は必要?

よかったらシェアしてね!
目次